2022.07.20

「40年ギャップ」に囚われている親の「時計の針」は、止まって1ミリも動かない!?


教育業界には「40年ギャップ」という言葉があります。





40年ギャップとは、我が子を育てる親が、ついつい、囚われてしまう「ギャップ」のことです。深い自戒をこめて申し上げますが、多くの親は(おそらく、わたしも含めて)、この「40年ギャップの囚人」です。

たいていの親は、20年前の「自分の子ども時代」から「時計の針」が止まっています。20年前の「自分の子ども時代の経験」を判断材料として、そのときの経験から、自分の子どもに向かい、子どもを育てます。

だから親の時計は「20年遅れています」



一方、親は、時折、こんな言葉を口にするはずです。

「あんた、将来(20年後)、大人になってから困らないように・・・の勉強しと…

※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む