2022.11.04

【アーカイブ映像公開】学校と社会をつなぐ調査 最終報告会&シンポジウム「高校・大学・社会-学びと成長の10年を追う-」


 河合塾と桐蔭学園理事長・溝上慎一先生は、2013年から「学校と社会をつなぐ調査」(通称:10年トランジション調査)を継続的に実施してきました。どんな高校生が大学、社会で学び・成長していくのか、高校2年時から大学、社会人3年目までの約10年間にわたって追跡し、高校と大学の接続、社会への移行(トランジション)の研究・実践への還元を目的として進めてきました。

 この調査について、2022年10月1日開催した、最終報告会&シンポジウム「高校・大学・社会-学びと成長の10年を追う-」のアーカイブ映像配信の準備が整いましたので、お知らせいたします。どなたでもご視聴いただけますので、[続きを読む]からぜひご覧ください。

※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む