1900.01.01

グローバルで行こう vol.2


神田外語大学は、手厚い少人数・双方向型の指導で実践的な語学力向上をめざす、外国語学部1学部の単科大学です。学科構成は、英米、アジア、イベロアメリカ、国際コミュニケーションの4学科。グローバル化の流れが、これまでの欧米社会中心から、アジアや中南米諸国へと移り変わっている流れを捉え、20年後、30年後を見据え、2012年から現在の学科構成になりました。 1学年あたり約800名の学生に対して約400名の教員が在籍し、語学担当教員の8~9割はネイティブ・スピーカー。海外の大学・大学院出身、また海外の大学において指導経験を有している教員も多くいます。また、大学全体をみても、日本研究の専門家以外は、全員が海外での研究、教育(留学含む)の経験者から成っています。 学内には、英語学習施設として「SALC(SELF-ACCESS LEARNING CENTRE)」、英語以外の言語の学習施設として「MU…

※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む