1900.01.01

高校のインターンシップを、安定的に実現するためのクラウドファンディング


今、高校生が、学習意欲が低い、就職できない、大学に行っても自ら学ぼうとしないなどといったことが、大きな社会問題になっています。日本では普通科が70%と多く、その普通科も、入試を目標とした知識獲得中心で、実社会での有効性から離れた学びが多く、その学びに対して、積極的に臨める高校生は、決して多くないとも指摘されています。 そんな中にあって、意欲向上に有効とも思われる教育的手段は、社会に触れ、社会につながるような学びの場であるキャリア教育だと言われています。しかし、高校においてキャリア教育は、決して積極的に取り組まれているとは言えません。また、積極的に取り組もうとしても、多忙な教育現場の中では、外部との調整やプログラム作りに、ノウハウやマンパワーが必要なため、体系的で効果の高いものにすることが困難です。そのような状況を改善するために、外部からサポートする「キャリア教育コーディネート機…

※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む