1900.01.01

「気合と根性」だけ売れていた市場が変わり、「考え抜く力」や「情況把握力」「柔軟性」が求められ始めた


当社は、技術系2割、営業系8割という割合で採用を行っていますが、ほとんどの新人が、まずは全国各地にある営業所で営業・販売に携わります。技術者も同様です。お客様に接し、お客様が何を望んでおられるかを知り、そして住宅を提供していくというのが、当社の仕事の基本だからです。そこで、住宅は簡単には売れないということを実感してもらうことも大切です。私も設計で入社し、営業を経験し、今は人材育成の仕事をしています。 今、日本の産業界は、ほとんどの業界が厳しい状況下にありますが、私たち住宅業界も例外ではありません。住宅の売れ方や売り方も、20年前と今、特にこの5年間で、がらりと変わりました。20年前は、市場全体が膨らんでいて、「気合と根性」があれば売れたのです。お客様の方から買いたいと言われることも多かった。そしてお客様の要望も、「いい家を作って」程度で、具体的なことはこちらから提案したものでした。し…

※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む