1900.01.01

統計の学びの集大成として機械学習によるデータ分析を学ぶ


数学+情報でどこまでデータサイエンスを学べるか2022年4月から全面実施される新学習指導要領では、統計教育の充実のために、数学科と情報科を連携させようという動きが進んでいます。数学で、統計を活用するための基本的な知識や技能、考え方を育み、情報科では、統計を活用して問題を解決する力を育むという切り分けとなっていますが、実際にどのような活動をするかについては、今のところは具体的に示されていません。「統計を活用して問題を解決する力を育む」のであれば、Excelの使い方だけでもよいのか、あるいは選択科目の「情報II」につながるようなデータサイエンス的なものまで視野に入れていくのか。教材として何を選び、どこまでを狙うのか。様々なバリエーションが考えられます。※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む