2018.11.30

未来のマナビフェス2018 実施報告vol.1
オープニングセッション「2030年社会と学校教育」


登壇者:溝上慎一(京都大学)

2018年8月10日午前9時30分、台風一過の晴天の下で、武蔵野大学有明キャンパスを会場に、「未来のマナビフェス」が始まった。猛暑にもかかわらず、主会場となる301号教室は北海道から沖縄まで、全国から集まった高校教育関係者、大学教育関係者、企業の人材育成担当者などの参加者で埋め尽くされている。

※この記事は、会員専用コンテンツです、下記の「続きを読む」よりログインしていただくか、会員登録(無料)をして下さい。 続きを読む