2018.11.30

未来のマナビフェス2018 実施報告vol.2
基調講演「2030年の学び 世界の議論、日本の動向」『Competencies and Curricula in 2030』


基調講演は「2030年の学び 世界の議論、日本の動向」をテーマに、文部科学省初等中等教育局教育課程課教育課程企画室長の白井俊氏とOECD(Organization for Economic Co-operation and Development:経済協力開発機構)シニアアナリストの田熊美保氏の2人が登壇した。

登壇者:白井俊(文部科学省)

はじめに登壇した白井氏の講演は、「Competencies and Curricula in 2030」と題して、「コンテンツからコンピテンシーへ」という世界的な流れを紹介するとともに、日本の教育課程における「エージェンシー」の問題を解き明かし、さらに「アクティブ・ラーニングの本質とは何か」、「AI時代の教育の在り方」へと展開していった。

※この記事は、会員専用コンテンツです、下記の「続きを読む」よりログインしていただくか、会員登録(無料)をして下さい。 続きを読む