2018.12.03

「わたし、まだ、学びモードですから」と予防線を張って「実践を尻込みしたくなるとき」に考えたいこと


「私、まだ、学びモードですから・・・(まだ実践は出来ません)」





学生の皆さんと接していると、一年に1度くらいですが、こんな言葉に出会います。何らかのアクションや実践を前にして「尻込み」をするときに、よく発せられる言葉です。「学びモード」という言葉を用いて、「実践を先送りするための予防線」をはろうとする。

この言葉の含意は、

1.わたしは、まだ知識やスキルなどを「学んでいる」最中なので、

2.実践することは畏れ多くてできません

3.しっかりとスキルを獲得したあと(=学び終えたあと)で、実践の舞台をください

ということなのかな、と思います。

要するに「学びとは知識・スキルを獲得するこ…

※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む