2018.12.10

「アルゴリズム至上主義」にモノ申す!?、人文科学の知の「復権」!? : クリスチャン・マスビアウ著「センスメイキング」書評


「先生、人事のビックデータを分析したんですけどね。そしたら、「離職の可能性の高い従業員」を予測することができるようになったんです。離職する可能性のある従業員は、欠勤が多いんですよ。ま・・・だよねって、感じですけど。これで、自信をもって離職予測ができますよ」

「先生、うちでもAIを使って、売り上げを増やす方法を分析してもらったんですよ。店のトイレの方の角のところに、食べ物の売り場を移した方がいいっていうんですよ。なんでって?いや、理由は、よく、わかんないんですけれどね。AIは理由はわからないらしいんですよ。でも、困っちゃいますよね。食べ物をね、便所の近くに置けないじゃないですか・・・」





クリスチャン・マスビアウ著「センスメイキング」を読みました。



※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む