2018.12.14

「かつての自分の研究」への「懺悔」!? : 「残業学」の背後に隠された著者の「思い」とは何か?


先日発売された新刊「残業学」ですが、おかげさまで、AMAZONのマジメント・人事管理分野などのカテゴリーで1位、総合18位を記録することができました。本当にありがとうございます。


残業学ー明日からどう働くか、どう働いてもらうのか?(AMAZON)
https://amzn.to/2LbwhBo

ご購入をいただいたみなさまに、この場を借りて、心より御礼を申し上げます。長時間労働是正の問題に、もしご興味がおありな方は、ぜひ、ご笑覧くださいませ。
現場で働くすべての人々、マネジャーの皆様、経営者の皆様、そして、分野は異なりますが、長く労働時間問題に苦しむ教育現場の皆様にも、お読みいただける本だと思っております。どうぞご高覧のほど、お願い申し上げます。

ところで、もう1日だけ、もう1日だけ・・・…

※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む