2018.12.19

「共に探究する教師」のほうへ〜ハワイp4cの挑戦②〜


「海外のマナビ事情」ハワイp4c特集 第2回は、ハワイ大学でのインタビュー(中編)です。p4c Hawaii(以下、p4c HI)を始めたトマス・ジャクソン博士と、高校で先駆的に実践を重ねてこられたアンバー・ストロング・マカイアウ博士にお話を伺いました。(前編はこちら)人はもともと哲学者、教師ももともと哲学者マカイアウ博士リップマンのモデルとp4c HIの違いということで付け加えるならば、教師あるいはファシリテーターの役割の違いもあると思います。リップマンのモデルでは、ファシリテーターは哲学的な素養のある人がふさわしいと考えられています。つまり、大学院生とか哲学の学者とかが大学からやってきて、探究をファシリテートするわけです。ハワイでは「私たちはみんな生まれながらに哲学者である」という考え方に基づいて実践を行なってきました。私たちはみんな「不思議に思う(wonder)」能力をもってお…

※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む