2019.01.10

「他者と生きること」を学ぶ〜ハワイp4cの挑戦③〜


「海外のマナビ事情」ハワイP4C特集 第3回は、ハワイ大学でのインタビュー(後編)です。p4c Hawaii(以下、p4c HI)を始めたトマス・ジャクソン博士と、高校で先駆的に実践を重ねてこられたアンバー・ストロング・マカイアウ博士にお話を伺いました。(前編はこちら、中編はこちら)民主主義とは、他者と生きること--「市民の教育」としてのp4c————(中編から続く)お聞きしていると、「子どもと共にする哲学」というのは、子どもたちにとってだけでなく、教師にとっても親やコミュニティーにとっても、有益な考え方であるように思います。

※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む