2019.01.29

日本人が「グローバルリーダー」になりきれない、たったひとつの「理由」とは何か?


「グローバル企業で、日本人が最も苦手とすることはですね・・・英語じゃないんですよ。それが決定的に不足しているので、本社のリーダーには登用されない。苦手なこと、何だと思いますか?それはね・・・」





せんだって、グローバルに展開する企業の、ある人事担当者の方が、こんな意味深な問いを投げかけました。この方は、海外に本社をもつ企業で、かつて、リーダー養成を担当なさっていた方です。
その方がおっしゃるには、日本人リーダーが、本社の人事責任者と面談して、本社のリーダーとして登用されない理由は「英語ではない」といいます。

「もちろん、英語能力も大事ですよ。でも、それは決定打にはならないし、ある程度、できれば、あとは仕事をアサインすれば大きく伸びる。だから、英語じゃないんです」
※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む