2019.03.01

なぜ全国高校実態調査を実施したのか?


「アクティブ・ラーナーを育てる高校」 第2回
中原 淳(東京大学 大学総合教育研究センター 准教授)監修※
木村 充(立教大学経営学部RA)※

なぜアクティブ・ラーニングに関する議論は難しいのか?

先日、高校の先生を対象にした研修の場で、一つのクイズを出題した。「その県でアクティブ・ラーニングに取り組んでいる高校はどれくらいあると思うか?」というもので、下図から自県のデータを選ぶ四択問題であった。会場には約40名の先生がいたが、正解したのは2、3名であった。研修後の感想では、「本県では取り組みが進んでいると思っていたので、この調査結果は意外だった」という声が聞かれた。

※この記事は、会員専用コンテンツです、下記の「続きを読む」よりログインしていただくか、会員登録(無料)をして下さい。 続きを読む