2019.03.06

新刊「データから考える 教師の働き方入門」発売です!:サーベイフィードバック × 組織開発で進める長時間労働の是正法とは?


新刊「データから考える 教師の働き方入門」(辻和洋・町支大祐編著、中原淳監修)が発売になりました。教師の働き方を考える一冊。先生方の働き方を「学校ぐるみ」で見直すための一冊です。どうぞご高覧くださいませ!


「データから考える 教師の働き方入門」
https://amzn.to/2GQKxQT





1日の労働時間が平均で12時間弱になる先生たち。

世界に冠たるこの国の初等・中等教育は、そうした先生方のご尽力によって支えられてきました。

しかし、社会の高度情報化・グローバル化とともに、子どもたちが学ぶべき内容は、さらに多様に、さらに深くなっています。
これまで以上に、子どもたちの学びを「支えていただく」ためにも、その「働…

※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む