2019.03.18

高大接続と探究を考える(その1) ―産業能率大学 公開FD研修会をめぐって―《後編》


ジャーナリスト友野伸一郎の「教育見聞録」(5)

《前編から読む》

「協働的学習者育成プログラム」唯一解がないからこそ 合意形成力が求められる

次に「協働的学習者育成プログラム」についてである。

このプログラムでは、育成すべき能力を文部科学省コミュニケーション教育推進協議会「審議経過報告」に依拠し、①関係を構築する力、②支援・援助する力、③情報や考えを共有する力、④合意形成する力、の4つの能力に設定している。

「協働的学習者育成プログラム」も、「情報共有編」と「合意形成編」の各100分の2回の授業で構成される。

※この記事は、会員専用コンテンツです、下記の「続きを読む」よりログインしていただくか、会員登録(無料)をして下さい。 続きを読む