2019.04.04

ALは「点」から「面」へ


「アクティブ・ラーナーを育てる高校」 第4回
中原 淳(東京大学 大学総合教育研究センター 准教授)監修※
町支大祐(東京大学 大学総合教育研究センター 特任研究員)※

アクティブ・ラーナーの育成に向けて

アクティブ・ラーニング(以下、AL)というワードが注目されるようになってから、数年がたった。この間、ALという言葉を冠した書籍や論文が多数発刊され、関連する研修が様々に行われるなど、一種のブームのような状態になっている。そんな今だからこそ、改めて、そもそもALがなぜ推進されてきたのか、という点に目を向けてみたい。

※この記事は、会員専用コンテンツです、下記の「続きを読む」よりログインしていただくか、会員登録(無料)をして下さい。 続きを読む