2019.04.26

新学習指導要領にみる ALという考え方


「アクティブ・ラーナーを育てる高校」 第6回
中原 淳(東京大学 大学総合教育研究センター 准教授)監修※
渡邉優子(東京大学 大学総合教育研究センター 特任研究員)※

小・中学校新学習指導要領の告示を受けて

小学校では2020年度から、中学校では2021年度から、そして高等学校では2022年度入学者から学年進行で、新学習指導要領が施行される。

新学習指導要領の全面施行を前に、この3月には、小・中学校の新学習指導要領が告示されたが、その中に「アクティブ・ラーニング」(以下、AL)の言葉を見つけることはできない。すなわち、これまで新学習指導要領の目玉の一つとして取り沙汰されてきたALが、法的拘束力をもつ学習指導要領の中に取り上げられなかった。

※この記事は、会員専用コンテンツです、下記の「続きを読む」よりログインしていただくか、会員登録(無料)をして下さい。 続きを読む