2019.05.24

カリキュラム・マネジ メント


「アクティブ・ラーナーを育てる高校」 第8回
中原 淳(東京大学 大学総合教育研究センター 准教授)監修※
町支大祐(東京大学 大学総合教育研究センター 特任研究員)※

カリキュラム・マネジメントの三つの側面

最近注目されているワードの一つに「カリキュラム・マネジメント」がある。新学習指導要領にも記載され、その理念を実現するための重要な方策として位置付けられている。書店に行けば、一時期の「アクティブ・ラーニング」のように、「カリキュラム・マネジメント」を冠した本が多数出版されている。また、本連載の7月号にも掲載した通り、カリキュラム・マネジメントを行っている学校ほど、アクティブ・ラーニングの効果実感が高いというデータもある。カリキュラム・マネジメントは、組織的にアクティブ・ラーニングを進めていく上でのカギの一つになっていくであろう。

※この記事は、会員専用コンテンツです、下記の「続きを読む」よりログインしていただくか、会員登録(無料)をして下さい。 続きを読む