2018.10.24

お待たせいたしました!〜2017年度全国調査報告書を大公開〜


東京大学 大学総合教育研究センター(現 立教大学 経営学部) 中原淳研究室 と 一般財団法人 日本教育研究イノベーションセンター(JCERI)は、2015年度より共同で「高等学校におけるアクティブラーニングの視点に立った参加型授業に関する実態調査」を実施してまいりました。3年目にあたる2017年度の調査では、普通科またはそれに準ずる学科、及び総合学科を設置する全国の高等学校3,857校を対象に全数調査を実施し、56.7%にあたる2,188校にご回答いただきました。ご協力いただきました皆さまに、改めて感謝申し上げます。今回の調査では、「アクティブラーニング」の実態のほか、アクティブラーニングを組織的に推進していくうえで鍵となる「カリキュラム・マネジメント」や、社会に開かれた教育課程につながる「高大社連携」の実態についてもお聞きしています。※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む