2019.05.16

情報処理学会第81回全国大会 全体説明「小中高で必修化されたプログラミング教育を概観する」


「小中高で必修化されたプログラミング教育を概観する」

情報教育の学習指導要領の改訂に工学系の大学研究者が参加する意味始めに小中高のプログラミング教育について概観させていただき、後半で具体的な活動についてお話しします。まずこれまでの経緯について大まかに説明します。2003年に高校で「情報」という教科が始まり、情報教育をするようになりました。それからこれまで16年の歴史が積み重ねてきました。私は大学で工学部の電子機械工学科におりまして、そこでコンピュータやプログラミングについて研究しております。教育畑というわけではございませんが、今回、小学校のプログラミングを必修化した会議(※1)や、中央教育審議会で小中高の情報教育で何をどこまで学ぶか、という全体を見る会議にも参加することで、工学系の大学教員として新…

※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む