2019.05.17

情報処理学会第81回全国大会 授業事例(1)「小学校の授業事例」 茨城大学附属小学校 清水匠先生


小学校のプログラミング教育の特異性

私からは、小学校の実践事例をご紹介します。私の専門は音楽で、情報関係の専門家ではありませんので、情報処理学会にお越しの方にとっては異質な存在かと思います。そんな私が、小学校にプログラミングが入るらしいということで、子どもたちにさせてみましたら、授業後、子どもたちが「プログラミングって難しいんだね」と言ったのですね。こんな授業をしては、子どもたちにとって何のプラスにもならないなと思って、私自身勉強を始めたところです。先生方と交流をするうちに、小学校というのはかなり特殊な環境であることがわかってきました。例えば、「プログラミングの授業」と言ったら、皆さんはどのような活動を思い浮かべられるでしょうか。

※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む