2019.05.16

宮城県松島高校観光科の「特色づくり」に迫る!(後編)


「特色ある学校づくり」は、今日の学校教育について考えていくときの重要な課題の一つになっています。とはいうものの、実際の「特色ある学校」とは、どのようなものなのでしょう?また、学校における特色づくりは、具体的には教師のどのような活動によって可能になっているのでしょう?こうした「特色ある学校」をめぐる問いを抱きつつ、2018年11月14日、マナビラボ・プロジェクトでは、宮城県松島高等学校観光科の授業に潜入し、観光科のカリキュラムや取り組みについて根堀り葉堀り伺ってきました。今回は、前編・中編に引き続き、櫻井先生と榛澤先生にお話を伺った後編です。

※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む