2019.05.24

「対話のひろば」第5回イベント実施レポート:AL型授業に参加が難しい生徒・学生について語り合おう


対話のひろば実施レポート

2019年5月11日(土)、対話のひろばの第5回イベントが開催された。

「対話のひろば」は、Be a Learnerの関連イベントであるが、様々なバックグラウンドをもつ参加者が、大学・高校・企業などといった垣根を越えて、各回のテーマについてとことん語り合う企画である。第5回は、過去のイベント参加者から関心の高かったテーマを取り扱うことにした。

今回のテーマは、「対話のひろば」に限らず、河合塾教育研究開発部が主催する様々なイベントのアンケートで、毎回のように「取り上げてほしいテーマ」として挙げられていた。そのため、参加を希望してくださる方はきっとたくさんいるはず、と想定はしていたが、いざ受付を開始すると、過去最高の勢いであっという間に申し込みが定員に達し、締め切りとなった。ご案内のwebページへのアクセスも過去最高であり、改めて今回のテーマへの関心の高さを目の当たりにした。

当日は、4~5人のグループが5つ、約20名の出席者でスタートした。

※この記事は、会員専用コンテンツです、下記の「続きを読む」よりログインしていただくか、会員登録(無料)をして下さい。 続きを読む