2019.06.28

ティーチングからラーニングの評価ヘとシフトし、 カリキュラム・マネジメントに活用される授業評価アンケート《前編》


ジャーナリスト友野伸一郎の「教育見聞録」(8)

「板書は見やすいか?」等を問うていた、これまでの授業評価アンケート

今やすっかり定着した学生による授業評価アンケートだが、それが多くの大学に普及するのは今世紀に入ってからであり、FD導入と軌を一にしてであった。つまり、それ以前は、教員からする一方的な授業が当然のことであったし、学生が教員を評価するということ自体が、驚天動地の出来事であったとも言える。

実際、学生による授業評価アンケートの導入時には、教員による拒否感もかなり強かった。

では、その授業評価アンケートとはどのようなものであったのか。

※この記事は、会員専用コンテンツです、下記の「続きを読む」よりログインしていただくか、会員登録(無料)をして下さい。 続きを読む