2019.07.05

ティーチングからラーニングの評価ヘとシフトし、 カリキュラム・マネジメントに活用される授業評価アンケート《後編》


ジャーナリスト友野伸一郎の「教育見聞録」(9)

《前編から読む》

島根大学ではアクティブラーニング導入を促進するツールとして活用

次に島根大学教育・学生支援機構の岩瀬峰代准教授による発表「組織的授業改善における評価指標としての授業評価アンケートの役割」を紹介する。これは、福岡大学と同様に授業評価アンケートをラーニングにシフトさせた項目にして、その結果をアクティブラーニングの効果測定のIRデータとして活用する取り組みだ。

※この記事は、会員専用コンテンツです、下記の「続きを読む」よりログインしていただくか、会員登録(無料)をして下さい。 続きを読む