2019.07.31

あったら怖い!「ケースメソッド教授法」という名の「答えのあてっこ」と「華麗なるスルー」!?







ビジネス教育、管理職教育の現場では、よく「ケースメソッド教授法」というものが行われます。

ここでケースメソッド教授とは、

1.組織変革や事業創造などのビジネス事例が「読み物(ケース)」に仕立て上げられていたものを教材として

2.受講生同士がそれを読み込み、解釈した上で

3.授業当日は、講師を中心に受講生同士が議論し、

4.自分が「当事者」だとしたら、どのように意思決定を行うかを話し合うような教授法

をいいます。

一般には、ロースクールやビジネススクールなどの一部で、こうした授業がなされます。
一般に、リアルな社会では、あまり「意思決定の失敗」は許容されません…

※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む