2019.09.06

BYOD+G suiteで広がる可能性


本日は「BYODネットワークを利用した生徒の活動について」お話しします。この夏から秋頃にかけて、神奈川県の全高校でBYOD(Bring Your Own Device)が導入されることになっています。秦野高校はICT利活用授業研究推進校で、昨年の12月から一足先にBYODネットワークの運用を開始しています。その中で見えてきたことや活用の仕方などを中心に、お話ししていきたいと思います。情報化指導者養成研修で感じた他校との違いとICT活用の可能性本題に入る前に、今年度の初めに、つくば市の独立行政法人教職員支援機構で行われた、4泊5日の情報化の指導者養成研修についてお話しします。その講師陣が大変充実しており、本日ご講演いただく鹿野先生にも、丸一日じっくりお話をしていただきました。また、大学の先生や現役の校長先生といった方々に、いろいろな視点からICTや教育の情報化についての講演をしていただ…

※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む