2019.09.05

第12回全国高等学校情報教育研究会全国大会(和歌山大会)


令和になって最初の全国高等学校情報教育研究会全国大会が、8月10日・11日の2日間、和歌山大学で開催されました。今年5月に出された教育再生実行会議の第11次提言では、「Society5.0で求められている力と教育の在り方」が示されました。将来の予測が難しい状況の中で豊かに幸せに暮らしていくために、教科「情報」への期待はますます大きくなってきています。今年の大会には、全国から360人以上の高校・大学の先生方、教育関係者が集まり、2日間でポスター・分科会を合わせて52の発表があり、熱気にあふれました。今年の発表では、各単元の指導の工夫に加えて、新学習指導要領の「情報I」のカリキュラム設計や、「情報I」を見据えたプログラミングやデータ分析、情報入試を意識した定期考査の作問など、将来に向けた研究や実践も見られ、準備が着々と進められていることが感じられました。

※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む