2019.11.10

「未来の教室」に向けて


経済産業省 サービス政策課長(兼)教育産業室長 浅野大介氏

未来への課題に向き合う産業界にこそ、教育に参画してほしい

一般的に、教育は大きく分けて学校教育と塾などの民間教育に大別されます。文部科学省が担当している学校教育のほか、経済産業省が担当している民間教育というのも多様な分野があります。たとえば学習塾やオルタナティブスクール、スポーツ教室、音楽教室、アート教室、最近ではプログラミング教室などを含め、様々なものがあります。

私が課長を務めている経済産業省のサービス政策課では、以前からこの民間教育の振興を所管はしていましたが、教育産業による教育イノベーションをさらに強く応援しようと2年前に課内に立ち上げたのが教育産業室で、私が初代の室長を務めています。

※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む