2019.11.16

模擬国連OBインタビュー


「模擬国連に出場する」というと、「海外に行ったことがないから英語に自信がない」とか、「ウチの学校の近くでは、練習会をやっているところがないからダメだよね」と考えてしまう人はいませんか。確かに、多くの人と議論しながら合意形成を目指すためには、その「場」の雰囲気に慣れていることは大事かもしれません。そんな中で、地方の高校からほぼ初心者で全日本大会に出場し、日本代表に選ばれてニューヨークの国際大会に出場したペアがいました。第12回全日本高校模擬国連大会にノルウェー大使として出場した鳥取西高校の皆さんです。全日本大会では、「ジェンダー平等」という難しいテーマで、ジェンダー平等先進国としての立場から議場をまとめ、多くの国の信頼を得ました。数々のハンディを克服し、国際大会でも大活躍した原動力は何だったのでしょうか。

※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む