2019.11.25

ジョブローテーションのように「トップがコロコロ交代する組織」では「組織無変革」が合理的に選択される理由!?


組織を「変える」のは、それなりの「時間」と「労力」がかかります。

まずすぐに、想定できるのは「組織メンバーからの抵抗」
組織のメンバーは、たいていの場合、できることならば「現状を維持」したいと思っている。どんなに頭や理屈で、変わらなくてはいけないことはわかっていても、こうした「現状維持バイアス」が頭をもたげ、ついつい、及び腰になります。

組織変革とは、端的に申し上げれば「心理戦」です。
こうしたひとびとの現状維持バイアスを乗り越える方法(この方法には、痛みを強いるネガティブアプローチも、ポジティブアプローチもあるでしょう・・・しかし、これらは手段・手法の話です)を考えなくてはなりません。それには時間も労力もかかる。

次に・・・そもそも「組織」というものは「簡単に変わっちゃダメなもの」なのです。※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む