2019.12.06

未来のマナビフェス2019 実施報告vol.2
授業改善を軸にした学校づくり 〜PDCAサイクルから探究する組織へ〜


登壇者:石井 英真(京都大学)

「教育方法学」を専門とし、「学力」をキーワードに横断的に研究を進めてきた、石井英真氏による本セッション。「専門医であると同時に、町医者でありたい」と現場に足を運び続ける石井氏は、「学校は万能ではない。けれども、まだまだポテンシャルを秘めた存在だ」と語る。その試金石となるものこそ、授業にほかならない。「真正の学習」を実現しうる授業と、そのような授業を目指す教師たちが学び合う場を中心として展開される学校づくりの可能性を示すことが、本セッションの目的である。

※この記事は、会員専用コンテンツです、下記の「続きを読む」よりログインしていただくか、会員登録(無料)をして下さい。 続きを読む