2020.01.03

未来のマナビフェス2019 実施報告vol.6
高校生の探究をデザインする~教育課程と社会が手をつなぐ未来の当たり前を目指して~


登壇者:今村 久美(認定特定非営利活動法人カタリバ)
南郷 市兵(福島県立ふたば未来学園高等学校)

探究がキーワードとして唱えられている今、学校外コミュニティとの協力方法は教育現場で最も議論されていることの一つでもある。本セッションでは、学校の外から探究の場を仕掛ける認定NPO法人カタリバと、地域との連携を通して高校生に探究の場を提供し続ける福島県立ふたば未来学園の報告が会場へのボールとなり、セッション終了後も盛り上がりが続くほどの活発な議論が展開された。

※この記事は、会員専用コンテンツです、下記の「続きを読む」よりログインしていただくか、会員登録(無料)をして下さい。 続きを読む