2020.01.23

30年前の名著で予見されていた「3つの仕事」と「社会の分断」!? – ロバート・ライシュ(著)ザ・ワーク・オブ・ネーションズ書評


この世は、グローバルにつながっていく

シンボルとテクノロジーを扱う知的労働者が、価値をもつ時代になる

所得を再分配する力は弱まり、社会には格差が広がり、分断をもたらす





30年以上も前、1991年に出版されながら、2020年の現在の社会・経済状況を予見している本に出会いました。ハーバード大学ケネディスクール教授であり、当時、クリントン政権の顧問をつとめたロバート・ライシュ教授の書かれた「The work of nations – 21世紀資本主義のイメージ」です。最近、経済関係の本を読むことが多く、本当に遅ればせながらの「出会い」になりました。己の浅学を恥じます。






ライシュ先生が、この本で論…

※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む