2020.01.29

「対話のひろば '19」第3回イベント実施レポート:主体性を育む教育について語り合おう


対話のひろば実施レポート

新学習指導要領で示された「主体的・対話的で深い学び」や、「学力の3要素」における「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」が教育関係者の間ではよく知られるところとなったが、教育現場では「主体性」という概念をめぐって、さまざまな議論が沸き起こっているように感じる。主体性とは何か、いかに育成するのか、学校や授業をどう変えればいいのか…。

今回は、長年、主体性を育む中等教育に携わり、『女の子の「自己肯定感」を高める育て方』を著わした鷗友学園女子中学高等学校名誉校長の吉野明氏をお招きし、発達段階に合わせて主体性を育てる教育についてお話しいただくことにした。「主体性」という概念の曖昧さ、幅広さからきっとハードルの高い話題提供であったに違いないが、教員歴45年という吉野先生の豊富な教育実践と専門家の理論的背景を交えた深い話題を提供していただけたように思う。そんな当日の様子を簡単にレポートしたい。

※この記事は、会員専用コンテンツです、下記の「続きを読む」よりログインしていただくか、会員登録(無料)をして下さい。 続きを読む