2020.06.05

教科横断のその先: 「これって何?」が開く 生徒の進路


「アクティブ・ラーナーを育てる高校」 第23回
中原 淳(立教大学 教授)監修※
渡邉優子(立教大学・教育研究コーディネーター)※

教科等の横断的学習の充実は「カリキュラム・マネジメント」を進めるうえでのポイントとして注目されている。マナビラボが実施した調査では、全国の約半数の高校において教科等の横断的な学習に向けた取り組みがなされており、そのほとんどが「総合的な学習の時間」や「学校設定科目」における取り組みであることが明らかになった(詳細は本連載の第15回を参照)。

※この記事は、会員専用コンテンツです、下記の「続きを読む」よりログインしていただくか、会員登録(無料)をして下さい。 続きを読む