2020.10.02

〈数字〉〈事例〉〈対話〉から見る高校教育


「アクティブ・ラーナーを育てる高校」 第27回
中原 淳(立教大学教授)監修※
渡邉優子(立教大学・教育研究コーディネーター)※

2015年度より中原淳研究室と日本教育研究イノベーションセンター(JCERI)が共同で進めてきた「高等学校におけるアクティブラーニング型授業を推進するための高大連携プロジェクト」(通称:マナビラボ・プロジェクト)も2019年度で5年目を迎え、このたび、2015年度からのマナビラボ・プロジェクトの活動成果を書籍としてまとめることになった。タイトルは『「未来を語る高校」が生き残る――アクティブラーニング・ブームのその先へ』(仮)(学事出版、2019年5月刊行予定)である。

※この記事は、会員専用コンテンツです、下記の「続きを読む」よりログインしていただくか、会員登録(無料)をして下さい。 続きを読む