2020.03.16

「教える」から「学ぶ」プログラミング


「きちんと丁寧に教える授業」から「生徒が自ら学ぶ授業」へ今日発表するのは、「『教える』から『学ぶ』プログラミング」ということで、今まで「きちんと丁寧に」教えてきたプログラミングを、「生徒が自ら学ぶ」というスタイルに変えてみた、という実践です。4年前に私があるセミナーで、「社会と情報」の中で、あるいはプログラミングがあまり得意でない先生のために、ということでお話ししたときは、「アルゴロジック(※1)」でゲームを1時間やって、「ドリトル(※2)」で『かめた』を1時間動かして、最後に教科書に載っているJavaScriptを1時間、合計3時間やってみましょう、というものでした(※3)。

※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む