2020.06.10

2020年度対話のひろば第1回 実施レポート公開!
「学びを止めるな!-コロナを越えて、学びと働き方を考える-」


対話のひろば実施レポート②

Be a Learner会員のみなさん、こんにちは!
河合塾 教育研究開発部 Be a Learner 運営担当です。
今回は、2020年5月31日(日)にオンラインで開催された、2020年度対話のひろば第1回「学びを止めるな!-コロナを越えて、学びと働き方を考える-」の模様を、文章と映像でレポートします!
※掲載記事及び映像は、学校内で使用する以外の無断転載・複製を禁止します。 ※この記事は、会員専用コンテンツです、下記の「続きを読む」よりログインしていただくか、会員登録(無料)をして下さい。 続きを読む

  • 甲斐 健二 より:

    今回のコロナ禍によって、学校の問題点が露わになったことには全く同意するところである。これまでも、日本の今の学校制度が制度疲労を起こしていることはずっと感じていた。ただ、どうすればいいのかはわからなかったが、今回のことで「見える化」することがとても大事であることを知った。中原先生が「子どもたちに生活のリズムを提供したり、子ども同士のつながりや教師から見守られている感覚を持たせることも学校の役割である」という話があったが、実はリアルの学校現場でもできてないかもしれない。実は教師はよくよく生徒を見ていないし、見えるような工夫を怠っていたのではなかろうか。学校で行われることを全て「見える化」すること、そして、生徒それぞれ「何をすることができるか」を知ることから学校制度あるいは教育制度を練り直すことが必要ではないかという考えに至った。

  • 山口 陽子 より:

    大阪在住です。いつもは、講演等行きたくても行けなかったが、オンラインのメリットを堪能させていただきました。溝上先生は、3月4月の早い段階から、全国の状況をオンライン会議で収集するなど、流石だと思っていました。「迅速な対応が教育界には求められる。」そう思って学校経営に取り組んできましたが、今後、益々そのような場面が増すと感じる。校長のリーダーシップがその学校の、その学校の生徒の将来を左右すると考えています。「学びを止めるな!」に大いに共感です。