2018.06.01

未来のマナビフェス ~2030年の学びをデザインする


今日進める大学や高校の教育改革の着地点は、2030年社会。知識基盤社会、情報化・グローバル化を受け、AI(人工知能)の発展、仕事・社会がより高度化・複雑化していくなど教育を取り巻く環境は大きく変化してきています。 その2030年以降の教育のありようを見据え、アクティブラーニングやキャリア教育、資質・能力の育成、それを仕上げていく学習成果の可視化、内部質保証、カリキュラムマネジメントなど様々な改革にむけ、これまでの教授パラダイムを学習パラダイムへと転換させる必要があります。 未来のマナビフェスは、このために必要な最先端の知識と実践についての情報を提供すると共に、参加者同士でそれぞれの問題意識を交換し合う「高・大・社接続のワンストップ・チャネル」の場を提供します。

※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む