2020.09.04

2020年度対話のひろば第3回 実施レポート公開!
「今こそ本物の学びについて語ろう-学びを止めるな!」


対話のひろば実施レポート

Be a Learner会員のみなさん、こんにちは!
河合塾 教育研究開発部 Be a Learner 運営担当です。
今回は、2020年8月23日(日)にオンラインで開催された、2020年度対話のひろば第3回「今こそ本物の学びについて語ろう―学びを止めるな!」の模様を、文章と映像でレポートします!
※掲載記事及び映像は、学校内で使用する以外の無断転載・複製を禁止します。


2020年度対話のひろば第3回
「今こそ本物の学びについて語ろう-学びを止めるな!」
実施レポート

2020年度対話のひろば第3回は「今こそ本物の学びについて語ろう―学びを止めるな!」をテーマに、8月23日に開催された。このテーマは、2020年2月に新型コロナウィルス感染拡大を考慮して開催を断念したリアルイベント「本物の学びについて語り合おう」を受けたものだ。このような状況だからこそ、リアル授業であるか、オンライン授業であるか、ブレンディッド授業であるかを問わず、そもそも授業では何が実現されるべきなのかという原点を考える場として設定された。話題提供者は、2月にも登壇予定だった京都大学大学院教育学研究科 准教授の石井 英真(いしい・てるまさ)先生河合塾小論文科 講師の田本正子の司会で開催された。

以下、当日の様子をレポートしたい。

当日のプログラムは以下である。
・話題提供1 本物の学び、真正の学び(Authentic Learning)とは
・参加者同士の対話(ブレイクアウトセッション)1
・話題提供2 本物の学びをどうデザインするか
・参加者同士の対話(ブレイクアウトセッション)2
・リフレクション

※この記事は、会員専用コンテンツです、下記の「続きを読む」よりログインしていただくか、会員登録(無料)をして下さい。 続きを読む