2018.05.08

中途採用社員が決して口にしてはいけない、たったひとつの「言葉」とは何か?


「ではの守(デワノカミ : 出羽守)」という言葉がございます。

主に、海外赴任から帰ってきた日本人の、ある「振る舞い」を「揶揄」する言葉として用いられるものですが、ご存じでしょうか。

そうですね・・・

アメリカ「では」・・・なのに、日本は・・・であるからケシカラン
海外「では」・・・・・なのに、日本は・・・であるから遅れているといった具合に言葉が用いられます。

「アメリカでは」「海外では」という具合に、海外帰国者が「何かにつけて、外国の事例を引き合い」にだして、日本のことを揶揄するような、いわば中2病的なみっともない振る舞いを、「ではの守」といったりするのです。

アメリカ「では」・・・なのに、日本は・・・であるからケシカラン
海外「では」・・・・・なのに、日本は…

※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む