2020.10.26

2020年度対話のひろば第4回 実施レポート公開!
「“教員が学び合う学校づくり”について語ろう-学びを止めるな!」


対話のひろば実施レポート

Be a Learner会員のみなさん、こんにちは!
河合塾 教育研究開発部 Be a Learner 運営担当です。
今回は、2020年10月11日(日)にオンラインで開催された、2020年度対話のひろば第4回「“教員が学び合う”学校づくりについて語ろう-学びを止めるな!」の模様を、文章と映像でレポートします!
※掲載記事及び映像は、学校内で使用する以外の無断転載・複製を禁止します。


2020年度対話のひろば第4回
「“教員が学び合う学校づくり”について語ろう-学びを止めるな!」実施レポート

2020年度対話のひろば第4回は「教員の学び合う学校づくり」をテーマに、10月11日に開催された。コロナ禍の中、多くの学校で「学びを止めない」が合言葉として掲げられてきた。しかし、学びを止めてはならないのは、児童・生徒だけではない。このような時期だからこそ、教員もまた学びを止めてはならないのではないか。そのような問題意識で設定されたものだ。
話題提供者は、帝京大学教職大学院専任講師の町支大祐(ちょうし・だいすけ)先生と、広島城北中・高等学校教諭の飯盛聡士(いいもり・さとし)先生。参加者も含めて、今回も熱い議論が交わされた。

以下、当日の様子をレポートしたい。

当日のプログラムは以下である。
・話題提供1「そもそも何故『教員の学び合い』か」町支大祐先生
<参加者同士の対話>
・話題提供2「コロナ禍における『教員の学び合い』-広島城北中・高等学校の事例-」飯盛聡士先生
<参加者同士の対話>
・話題提供3「今後の『教員の学び合い』に向けて」町支大祐先生
<参加者同士の対話>
・振り返りとまとめ

※この記事は、会員専用コンテンツです、下記の「続きを読む」よりログインしていただくか、会員登録(無料)をして下さい。 続きを読む