2018.01.01

『火の鳥』 手塚治虫


手塚治虫さんは医学生時代を過ごしたのち、漫画家になられた方です。その医学の知識も漫画につぎ込みながら、いのちや倫理といったテーマを描き出してこられました。小学生の頃は、その恐ろしげな雰囲気と哲学的な難しさに本を置いてしまいましたが、高校生になってもう一度読んだ時の感動は忘れられません。『火の鳥』のほかに、『ブラック・ジャック』なども私のお気に入りです。人間という存在に興味がわく一冊です。※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む