2018.01.01

『車輪の下』ヘッセ 高橋健二:訳


これは受験生にオススメする本として、恩師に勧められた本です。オチとしては少し暗くなってしまう話かもしれませんが、「なぜ今あなたは勉強をしているのか」をとても考えさせられる本です。偏差値の高い大学合格が目標なのか、大学後の目標のために大学合格を手段と考えて勉強しているのか、「勉強ってなんだろう」「頭がいいってなんだろう」ということを考えることができる一冊です。 ※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む