2018.01.01

『神様のカルテ』夏川草介


医療系の仕事につきたいと長年思っていて、自分には人の気持ちによりそう仕事である看護師が向いているのではないかと感じていました。そういう私の背中を押したのは、『神様のカルテ』という本です。地方医療の現状を描きながらもあたたかみのあるストーリーで心が揺さぶられる内容です。 実際の医療現場をもとに描かれた作品で、地方医療の厳しさの中で、現状と闘う医師や看護師達の姿に心を打たれます。この本をきっかけにして、私は看護師として人に寄り添う仕事がしたいと思うようになりました。この本は映画化もされています。心に訴えかける何かがあるストーリーを一度読んでほしいです。 ※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む