2021.09.11

アプリ開発でアイディアを形に~情報Ⅱ「(4)情報システムとプログラミング」を見据えた授業実践~


スマートフォンアプリの開発を通して、サービスの消費者から生産者へ本校では、高校2年生で「情報」の授業を2単位で開講しています。その他の学年の開講はありません。この授業の年間を通した目標として、情報社会において、情報デザインや情報科学の分野から問題解決の手段を見つける、ということを念頭に置いています。今回の発表は、プログラミングを手段としたものです。題材はアプリ開発で、「情報Ⅱ」の学習の「4.情報システムとプログラミング」が、今回の実践に当てはまります。今回の発表の目次がこちらです。平成29年度の内閣府の調査では、高校生の95.9%がスマートフォンを所有しています。ということは、スマートフォン向けのモバイルアプリの利用頻度が高いと考えられます。※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む