2017.10.04

全国調査の結果を解説!
〜vol. 13 2015年度から2016年度の間にALに取り組み始めた教科の特徴①〜


全国調査の結果を解説する「ニッポンのマナビ いまの高校の授業とは!?」2015年度に続き、東京大学大学総合教育研究センター中原淳研究室は、一般財団法人日本教育研究イノベーションセンターとの共同研究として、「高等学校におけるアクティブラーニングの視点に立った参加型授業に関する全国調査2016」を実施しました。今回と次回は、2016年度調査の第3次報告書の内容から「2015年度から2016年度の間にアクティブラーニングに取り組むようになった教科」に着目して、どのような特徴があるのかをお伝えしていきます!※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む